web
counter

ココブロ

- アラフィフ主婦のおかねのはなし -

【はじめての投資】難しくない投資のはなし 投資の第一歩 第2話

【はじめての投資】難しくない投資のはなしブログタイトル

投資の始めの第一歩を踏み出したい方に、わかりやすく説明するシリーズ 第2話

 

当記事はシリーズものです。本シリーズ(投資の第一歩)の全体像はコチラ 

この第2話は、「なぜ投資した方がいいのか」 について解説します。

投資を始める前にぜひとも知っておきたい、税金のはなしです。

 

「投資して儲けたら税金を払わないといけないの?」

「税金を払わなくても良い方法って無いの?」

 

こういった疑問に答えていきます。

本シリーズの対象者

  • 資産運用(投資)をしたことが無い方
  • 資産運用(投資)に興味があるけど、何から手を付けたら良いのかわからない方

シリーズの一番最初の記事 から順に読んでいけば、投資を始めるのに必要な知識が身につくと思います。

 

 

なぜ投資した方がいいのか

本記事のテーマは、なぜ投資した方がいいのか、です。

前記事(第1話) では、なぜ投資しないといけないのか、その消極的理由を説明しました。

投資は怖いとか、よく分からないからやめておこう、、とか言ってられない時代、つまり、

 

日本の賃金は増えていない
貯金の利子もごくわずか
働いて貯金するだけではお金は増えない

ということを説明しましたね。

消極的な話だけだと、ゲンナリするので、今回の記事は、投資したらこんなメリットがあるよ、こんな優遇制度があるよ、という話です。

投資してみたいかも、と思えるような内容です。

 

投資初心者にとって恵まれた環境と制度とは?

納税の義務

投資のメリットを理解するために、まず税金の話からはじめます。

日本ではお金を儲けた時には、税金を収める必要があります。

これは株などの投資で儲けた場合だけではありません。

所得に対して課税されるので、例えば、貯金の利子であっても所得なので、利子に対しても税金を払わなければなりません。

 

貯金の利子にも税金がかかる

 

第1話で勉強したね

 

税法の細かいことを今、覚える必要はありません。

今回は、所得に対し約20%課税されるということだけ、覚えておきましょう。

例えば、100万円儲けたら、20万円税金を支払わなければならないということです。

泣ける・・・

 

でも、投資で儲けても、税金を払わなくて良い方法があるのです!って聞いたらどう思いますか?

もちろん違法な脱税ではありませんよ。

違法どころか、国が、投資をして儲けても、税金を払わなくても良いという仕組み(制度)を作ってくれているんです。

 

日本政府お墨付きの非課税制度

 

非課税制度のiDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)って?

非課税制度のiDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)

 

投資をして儲けても、税金を払わなくても良いという優遇制度、それがiDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)、と呼ばれる制度です。

例えば、株で投資を儲けたら、利益に対して20%の税金がかかるということを、さきほど説明をしました。

でも、iDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)の制度の投資で得た利益に対しては、税金を支払わなくていいのです。

 

非課税制度のiDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)の特徴

 

100万円儲けても、税金はゼロ

 

はっきりいって、こんなオトクな制度、使わないのはモッタイナイです。

ココが投資を始めた頃は、こんなに素晴らしい制度は無かったです。

iDeCoは、個人型確定拠出年金という意味で、老後のためのお金づくりの制度です。

非課税という優れた特典が得られますが、老後の年金のための制度なので、原則60歳になるまで途中解約できません。

iDeCoは老後のためという、明確な目的と制約があるのに対し、NISAにはありません。

つまり、特に目的がなくてもいいし、子どもの学資積み立て用とか、家の購入のため、など、様々な目的に活用でき、いつでもお金が必要になったら解約できます。

iDeCoとNISAはどちらも優れた制度なので、両方するのがおすすめです。

でも、どちらか一つをオススメするなら、ココはまず、NISAの方です。

なぜなら、iDeCoは基本、解約できませんが、NISAはいつでも解約ができるからです。

これから投資を始めるのに、先のことは分からないと思うので、解約の自由度が高いのは、重要なポイントだと思います。

まずNISAで投資の知識を身につけてから、iDeCoを始めても遅くはありません。

投資は逃げないので、焦ってする必要はありません。

今回はここまでです。次回はNISAについて更に詳しく解説します。

 

NISAのしくみがバッチリ分かるよ

 

本記事のポイント

最後に本記事のポイントのまとめです。

 

第2話のポイント

・投資で儲けた利益に対して通常は20%課税される。

・課税されないiDeCoNISAという非課税制度がある。

 

前の記事(第1話) 

次の記事(第3話) 

お問い合わせ 免責事項、プライバシーポリシー