ココブロ

- アラフィフ主婦のおかねのはなし -

【NISA】ココファミリー楽天証券のNISA口座 2020年6月度実績

アラフィフ主婦ココファミリーの楽天証券のNISA口座2020年6月度実績

 

アラフィフ主婦ココファミリーの楽天証券の3つのNISA口座(つみたてNISA、ジュニアNISA、一般NISA)

2020年6月度実績を公開!今月もつみたてNISAの大勝利!

 

本記事では、我が家の楽天証券の3つのNISA口座(つみたてNISA、ジュニアNISA、一般NISA)の、2020年6月度の実績を公開します。

 

 

我が家のNISA計画2020年度版

ココのNISA口座の戦略

 

我が家は、昨年まではセゾン投信でつみたてNISAを活用してきましたが、2020年からNISA口座を楽天証券に鞍替えし、投資戦略も大幅にリニューアルしました。

 

3つのNISA口座なので、名付けてNISA3 !

 

では早速、各NISA口座の6月度実績を公開します!

 

2020年6月度 ココ夫の一般NISA口座実績

 

 2020年6月度 一般NISA口座詳細

こちらが6月末時点のココ夫の、一般NISA口座の詳細です。

ココ夫の6月度通常NISA口座の実績

6月のNISA口座は、高配当ETFに分類されるHVDとSPYDを、相場下落時に拾っていく戦略です。5月と同様、6月も一度も拾うチャンスはありませんでした。

 

今月もHDV,SPYD共にまだマイナス

 

なお、今月からポイント投資を追加しました。

楽天では、500円分以上をポイント投資すると、その月のSPUが1倍加算されます。我が家は基本的にお買いものはamazon派なのですが、たまに楽天でも買い物します。その対策のためだけです。ポイント投資なので、元手は0円です。

 

楽天証券ポイント投資説明画面

 

ポイント投資先はSPUアップの感謝を込めて!?、楽天VTIです。

はい、戦略の高配当狙いとは、全く無関係です(笑)

楽天証券ポイント投資6月

 

 ポイント投資後のSPUアップはすぐに反映されます(下の図ように、対象と表示される)。

その月だけが有効なので、毎月500円分のポイント投資を行う予定です。

楽天SPUの倍率アップ画面

 

ゆるーいポイ活兼投資

 

そしてこちらが、ココ夫の一般NISA口座で保有中の高配当ETFの直近5ヶ月の推移です。

楽天証券の一般NISA口座で保有中の高配当ETFの直近5ヶ月の推移

 

こちらは、SPUアップ狙いのおまけ分のポイント投資結果です。ココ夫の一般NISA口座で保有中です。

楽天証券の一般NISA口座で保有中のポイント投資

 

本命のHDV,SPYDがマイナスで、おまけのポイントがプラスとは・・・

 

6月もココ夫の一般NISAの追加投資ゼロです。一般NISA枠120万円のうち、3月末までに既に約93万円の80%の枠を使い切っています。

その後、4,5,6月はHDV、SPYDの買い増しはしていません。ただし、今月は上述の通り楽天ポイントで楽天VTIを500円分だけ購入しました。

 

保有銘柄の特徴として、HDVの戻りに対して、SPYDの戻りが悪いです。

SPYDがHDVに比べ、暴落後の戻りが悪いのは、主に保有セクターの違いによるものです。

下図に示すように、SPYDは不動産セクターの比率が高く、不動産セクターは他に比べて下落幅が大きく戻りも弱いのでこのような差が生じていると考えられます。

SPYDの組入れセクター

 

そんなちょっと冴えないSPYDですが、SPYDは時価総額に関係なくほぼ均等に80銘柄に分散するという、均等加重平均方式を採用しています。つまり単純計算で1銘柄1.25%、実際には1-2%で推移し、年2回リバランスされます。

次の図は、SPYDの組入れ銘柄トップ3です。組入銘柄の1位は、米ギリアド・サイエンシズ社です。

米ギリアド社と言えば、コロナの特効薬として期待されている「レムデシビル」の医薬大手会社です。

SPYDの組入銘柄1位はギリアド・サイエンシズ社

 

そして、こちらは7/10の関連ニュース記事です。

レムデジビルは、もともとはエボラ出血熱の治療薬として開発されていた抗ウイルス薬です。それがコロナウイルスにも抗ウイルス活性が期待されたものです。先月は、レムデジビルの効果に有意差は見られなかったというニュースがあり、その日の株価は下がりましたが、その後また株価は上がっています。

ギリアド・サイエンシズ社の株価の1年チャート

 

SPYDは戻り悪いけどね

 

ところで、ココ夫の一般NISAは、VIX指数に連動して買うというルールを決めていました。

VIX指数20を超えたところから、買い下がっていったので平均取得単価が30を超えています。平均取得単価を下げるためにもうひと押ししたら購入したいと考えています。

2番底が来た時に、そこで買い増しだ!と、ずーっとスタンバイしているんですが、待てど暮らせど2番底さんは来てくれません。

 

ところで、6月は2度目の、配当金を頂きました!

 

以上が、ココ夫の一般NISAの6月度実績でした。

 

続いてココのつみたてNISA口座の実績です。

 

2020年6月度 ココのつみたてNISA口座実績

ココのつみたてNISA口座の実績です。

2020年度のココのつみたてNISA口座は、ドルコスト法による堅実路線です。

ココが選択したファンド(投資信託)は以下の2つです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

楽天VTI

この2銘柄を年間NISA枠の40万円になるように、楽天カード払いで毎月自動積立てしています。

つみたてNISAの設定は以下の通りです。

ココのつみたてNISA口座(楽天証券)の設定

 

 2020年6月度 つみたてNISA口座詳細

こちらが6月末時点のココのつみたてNISA口座の詳細です。

6月末時点のココのつみたてNISAの口座のスクショは取り忘れてしまいました。ココのつみたてNISA口座で保有中の投資信託の直近5ヶ月の推移はこちらです。

楽天証券のつみたてNISA口座で保有中の投資信託の直近5ヶ月の推移

 

2銘柄合計で、コツコツとプラスになっています!

 

いい感じ

 

株式市場の驚異の回復力のおかげで、保有銘柄が上がってくれるのは嬉しいです。でもまだ積立て始めたばかりなので、もうしばらくは低迷してくれた方が、たくさん仕込めるので微妙なところです。

 

下の図は、楽天VTIとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの比較チャートです(期間1年、日足)。

両銘柄はほぼ同じ動きです。驚くことに、コロナショック暴落前の水準近くまで戻しています。

楽天VTIとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの比較チャート

 

このつみたてNISAの特徴は、楽天クレジットカードでつみたてNISAの支払いを行っていることです。楽天クレジットカードを利用すると楽天ポイントが得られるので、そのポイントをつみたてNISAの支払い足しにしています。

ココの選んだ投資信託の信託手数料は、数ある投資信託の中でも比較的低い部類を選んでいて、その信託手数料は1%以下です。クレジットカードの利用によるポイント還元は利用額の1%なので、信託手数料は実質的にないようなものです。

 

楽天ポイント併用でお得に投資!

 

つみたてNISAは良くも悪くも、何もすることがありません。自動つみたてなので当然といえば当然なのですが、それがつみたて投資の魅力でもあります。

簡単にもかかわらず、つみたてNISAの方が、ココ夫の一般NISAでやっている、アクティブファンド(HDVとSPYD)をタイミングを見計らって購入するという、手間のかかる手法と比べて、現時点ではつみたてNISAの方が好成績です。

 

下手なナンピン スカンピン

 

もちろん、あくまで現時点であり、ココ夫の一般NISA口座はインカムゲイン狙い(配当ねらい)で、ココのつみたてNISAはキャピタルゲイン狙い(基準価格の値上がり狙い)と、目的が違うので単純比較するべきではありません。

でも、同じ時期に異なる投資戦略でやってみたら、事実としてこういう結果になった、というのは興味深いです。

ココは、どちらの戦略も一長一短あるので両方をやっていますが、チャート見て購入タイミングを見計らったりするなんでできない!という方は、断然つみたてNISAが向いています。

  1. 長期右肩上がりの商品を選ぶ
  2. 積立て設定する
  3. 放置する

これだけの簡単なお仕事です。

 

ところで、ココも積立てている、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は、いいニュースがありました。「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の純資産残高が6/2時点で1,000億円を突破しました。

eMAXIS Slim シリーズは、純資産残高の増加に応じて信託報酬率が低くなるという、利益を受益者にも還元するという方針を採用しています。つまり、現時点でも安い信託手数料が、更に低い手数料が適用されることになります。

 

以上が、ココのつみたてNISAの6月度実績でした。

 

最後はココ子のジュニアNISA口座の実績です。

 

2020年6月度 ココ子のジュニアNISA口座実績

 2020年6月度 ジュニアNISA口座詳細

こちらが6月末時点のココ子のジュニアNISA口座の詳細です。

ココ子の月度ジュニアNISA口座の実績

 

そしてこちらは、ココ子のジュニアNISA口座で保有中のファンドの、直近5ヶ月の推移です。

楽天証券のジュニアNISA口座で保有中のファンドの直近5ヶ月の推移

 

6月度は、ジュニアNISAでの枠で、楽天VTIのみ追加購入しました。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、eMaxis Slim 先進国リートインデックスの追加購入はしませんでした。

押し目を狙って購入しようと企んでいたのですが、2番底さんが来てくれなかったので、、。この両銘柄は定期的に買い付ける方がいいかもしれません。

一方で、4月に新たにデビューした、「eMaxis Slim 先進国リートインデックス」を1万円ずつ2回に分けて購入しました。株式と比較して出遅れ気味のREITを、今のうちにもっと仕込みたかったのですが、こちらもスルスルっと上昇中です。

やっぱり買い時を自分で探るのは、難しいです。長期で持つのだから、目先の値動きは気にせず、決められた日に決められた額を積み立てる方が、性に合っているのかもしれません。

 

ちなみに、「eMaxis Slim 先進国リートインデックス」は、日本を除く先進国の不動産投信の値動きに連動する投資信託です。

組み入れ国は、アメリカ、オーストラリア、イギリス、シンガポールなどですが、アメリカが7割以上を占めています。

eMaxis Slim 先進国リートインデックスは、比較的新しく設定された銘柄ですが、eMAXIS Slimの冠を背負っているだけあって、信託報酬はリート銘柄の中では最安水準の0.22%です。

上述したように、eMAXIS Slim系は純資産が増えるごとに、信託報酬が引き下げられる仕組みですので、今後にも期待できます。

配当金は、再投資され運用されます。アラフィフと違いまだまだ先の長い子どもにとっては、SPYDのような配当型よりも、このような再投資型の方が長期投資向きです。

チャート的には、先進国株式インデックスよりも戻りが悪いです。今のうちに押し目で拾っていきたいです。

ココ子eMaxis Slim先進国リートインデックスのチャート

 

ココ子は、2019年まではセゾン投信にジュニアNISA口座を持っていましたが、昨年末に解約し、新たに楽天証券にジュニアNISA口座を開設しました。

楽天証券のジュニアNISA口座で注意すべきことは、米国ETFは買えないことです。

SBI証券ならジュニアNISAでも海外ETFに投資できます。

海外ETFをジュニアNISAで運用したいなら、SBI証券をオススメします。

 

SBI証券

 

なお、ジュニアNISAは色々と制限があるので、よく調べてから投資することをオススメします。

ジュニアNISAの口座開設と新規投資は2023年12月31日で終了することに決まりました。廃止が決定したジュニアNISA口座を、今あえておすすめする記事はこちら↓

 

※ジュニアNISAの口座開設と新規投資は2023年12月31日で終了することに決まりました。ジュニアNISAの詳細については金融庁HPでの確認をお願いします。

 

税制優遇があるNISAは、以下の証券会社がオススメ!

 

楽天証券

 

SBI証券

 

マネックス証券で口座開設

 

以上が、我が家のNISA3口座の実績でした。

6月はココ夫の一般NISA以外はいい感じでした。

 

アラフィフココの投資のスタンス

大勝ちを狙わず、退場しないことを優先

そのために、

・分散投資(リスクの分散)

・低リスク運用(欲張らない)

ことを心がけています。

また、短期目線ではなく、長期投資で複利の力を最大限に活かすことも心がけています。

お問い合わせ 免責事項、プライバシーポリシー