ココブロ

- アラフィフ主婦のおかねのはなし -

【ポイント投資】アラフィフ主婦ココが、楽天証券のポイント投資をわかりやすく解説!

ココブロの楽天ポイントで投資!をわかりやすく解説の記事タイトル

楽天ポイントを使って投資ができる!

 

楽天ポイントで投資ができるって知っていますか?

楽天証券では、楽天ポイントで投資ができるんです!

本記事は、「投資してみたい、でもやっぱり怖い、ポイント投資ってなに?」という方向けです。

ココもポイント投資やってるよ

 

楽天ポイントを使った投資とは

楽天のサービスを使っていると、楽天ポイントがたまりますよね。

通常はこのポイントを、楽天市場で買い物に使う人が多いと思います。

実はこの楽天ポイントを使って投資信託を買うことができます。

投資といえば通常は、証券口座に入金して株を買います。でも楽天証券の場合は、証券口座にお金を入金しなくても、たまった楽天ポイントで投資信託を購入できます!

しかも、たった100ポイントから投資できるんです。

 

投資歴14年ですが、ポイントで投資できる時代がくるとは!

 

ココは普段、証券口座にお金を入金して投資をしていますが、このポイント投資も併用して、お得に投資しています。

既に投資をしている人はもちろん、投資には興味があるけど、ちょっと敷居が高いなぁと思っている方は、まずは、手持ちの楽天ポイントで投資を始めてみるのはいかがでしょうか?

 

楽天ポイント投資でできること

楽天ポイント投資は、以下のメリットがあります。

ベテラン投資家にも、投資初心者にも嬉しいメリットがたくさんです。

・100ポイント(100円)から投資可能

・国内株と投資信託に対応

・つみたて投資に対応

・NISAに対応

では、1つずつ解説していきます。

100ポイント(100円)から投資可能

まず、100円から投資できるってことは、まとまったお金を用意しなくても、少額からでも投資できるということです。敷居が低いのは嬉しいですよね。

ポイントならフトコロも傷まないね

 

国内株と投資信託に対応

ポイントで投資できるとは言うものの、いきなりトヨタとか東電とかの株を買うのは敷居が高いです。

投資初心者がどの会社の株を買うのがいいのかなんてわからないですよね。

でも、楽天ポイント投資では、国内株だけでなく投資信託を買うことができるのです。

投資信託とは、運用の専門家が株式や債券に投資・運用する商品のことです。運用成果が投資額に応じて、投資家に分配される仕組みの金融商品です。

難しいことはプロにおまかせ!

楽天証券では2000を超える投資信託を扱っています。中には手数料が安く、とても優れた投資信託もあるよ!

 

つみたて投資に対応

さらに、楽天ポイントを使ったポイント投資は、つみたて投資に対応しています。

つみたて投資は、忙しいサラリーマンや主婦にはとても好都合な仕組みで、メリットが沢山!

ざっと挙げると、

少額からスタートできる、投資にかける手間が少ない、買うタイミングを分散できる、複利効果が得られるです。

つみたて投資を一度設定してしまえば、例えば毎月決まった日に決めた額の投資信託を自動で買い付けてくれます。

今月買い忘れた!ということがないね

証券口座にログインすらしなくても、自動で買い付けてくれます。

投資では一気に買うと結果的に高値掴みしてしまう可能性があるけど、毎月毎月継続して買い続けることで、買うタイミングを分散できます。

これはドルコスト平均法とよばれる投資手法の一つです。

つみたて投資は運用プロもオススメする投資手法です

 

NISAに対応

更に、楽天ポイントを使ったポイント投資はNISAに対応しているのです!

NISAとは、「株や投資信託の運用益や配当金を、一定額非課税にしてくれる制度」です。通常は、投資で得た利益に対して約20%の税金を支払う必要があります。

でも、NISA口座で利益が出た場合、その税金はナント0%!

こんな大きな節税メリットを使わない理由はありません!

もしまだNISA口座を活用していない方は、このポイント投資をきっかけにNISA口座を開設してみてはいかがでしょうか。

我が家は全員楽天証券でNISA口座を開設したよ

 

もちろん投資である以上、絶対に儲かるわけではありません。

投資した金額(ポイント)よりも減ってしまう可能性もあります。元本割れのリスクもあります。

損するのは何が何でも嫌だ!という人は銀行に預けておくしかないです。でもこの低金利時代では預金利子はすずめの涙です。

ポイントで投資ができる今の時代、とても恵まれてるよね

 

楽天ポイントを使った投資をする方法

することは以下の3つだけです。

楽天証券の口座開設

楽天スーパーポイントコースに設定

実際にポイント投資をする

 

では順番に説明してしていくね

楽天証券の口座開設方法

楽天証券で楽天ポイントを使って投資するためには、楽天証券の口座を持っていることが大前提です。

口座開設はもちろん無料です。

楽天証券

 

口座開設はスムーズにいけば5-10分ほどです。

まず、楽天証券の口座開設ページの「いますぐ口座開設」をクリック。

すでに口座を持っている人はずっと下まで読み飛ばしてください。

楽天証券口座開設の方法の説明図

 

以下が表示されたら「楽天会員の方」か「楽天会員ではない方」の該当する方をクリックして下さい。

楽天証券口座開設の方法の説明図

 

既に楽天会員であれば、いくつかの入力の手間を省くことができます。

運転免許証などの本人確認書類を手元に用意しておくとスムーズです。

納税方法の選択は、初心者であれば「特定口座(源泉徴収あり)」を選ぶのがラクチンでおすすめです。特定口座の源泉徴収「あり」「なし」は後からでも変更できます。

 

ココも特定口座(源泉徴収あり)で口座開設したよ

 

続いて、NISA口座を開設するか、つみたてNISA口座を開設するか聞かれます(どちらか1つしか選べません)。

もしまよっているなら「開設を希望しない(あとで登録する)を選んでも構いません。口座開設後に後からでもNISA口座もしくはつみたてNISA口座を開設できます。

ただ、NISAは上述の通りとてもお得な税制優遇制度なので、これを機会に始めてみるといかがでしょう。

NISAとつみたてNISAの違い

 

ココはつみたてNISAにしたよ

 

楽天銀行の口座を作るかどうかはどちらでもいいです。

楽天銀行の口座があり、楽天証券と連携(マネーブリッジ)することで、楽天銀行の預金金利が優遇されるという特典があります。また自動入出金(スイープ)と呼ばれる、楽天証券と楽天銀行との資金移動サービスを利用することができるようになります。

 

ココは既に楽天銀行口座を持っていたよ

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)は口座開設後でも申し込めます。楽天証券口座開設時に急いで申し込まなくていいです。

FX口座の申し込みは不要です。やりたくなったら後からでも申し込むことができます。

最後に、運転免許証などの本人確認書類の画像をアップロードすれば手続きは完了です。本人確認書類は郵送でも送付できます。

数日後に、楽天証券からログイン情報(IDとパスワード)が書留郵便で届きます。

以上が、楽天証券の口座開設の手順です。

パソコンとスマホ、どちらからでもできるよ

 

ポイント投資をするための初期設定

 

楽天証券の口座が開設できたら、ポイント投資をするための設定をする必要があります。

楽天証券のトップページ右上の、ポイント投資を選びます。

楽天証券のポイント投資の説明図

楽天証券はポイントプログラムが2つあります。

口座開設後の初期状態では楽天証券ポイントコースに設定されていますが、これを「楽天スーパーポイントコースに変更する」を選びます。

楽天証券のポイント投資のコース変更画面の図

 

確認画面が出てきますので、暗証番号を入力します。

楽天証券のポイント投資のコース変更次の暗証番号入力画面の図

 

注意事項をしっかり読んで、同意するを選びます。

楽天証券のポイント投資のコース変更最終確認画面の図

 

これで楽天ポイントを使ったポイント投資ができる環境になりました。

コース変更はいつでも可能です。

楽天証券にログインした時に、下のようになっていたら、設定できているということです。

楽天証券のポイント投資の確認画面

 

実際のポイント投資の例、ココの場合

あとは、実際にポイント投資をするだけです。

ココはつみたてNISAは口座で投資信託のつみたて投資をやっているので、ココを例にあげてみます。

ココの楽天証券のポイント投資の設定例

 

赤枠のとおり、ポイント利用設定状況で、「利用する」の設定ができていることが確認して下さいね。

ココの場合は、ポイントだけで投資しているのではなく、現金(クレジットカード払い)を基本として、ポイントがたまっている分を使っていくという設定にしています。

ちなみに、ココはつみたてNISAで以下の2つの投資信託を毎月購入しています。

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

・楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

ポイント投資でお得に投資!

 

ポイント投資のデメリット

最後にデメリットも記載します。デメリットもしっかりと理解して納得した上で投資を行いましょう。

デメリットは以下です。

・元本割れリスクがある

・海外株式には使えない

・期間限定ポイントは使えない

元本割れリスクがある

お気軽なポイント投資とはいえ、投資である以上元本割れのリスクがあります。

この場合の元本とは利用するポイントです。ポイントなので、お財布にある現金ではないのですが、楽天市場での買い物では実質的に現金として利用できるので、損するのは嫌ですよね。

ポイントだけで投資する場合は、手持ちの現金を失うリスクはゼロですが、投資に使ったポイントに相当する金額(元本)よりも、株価が下がってしまうリスクはあります。

 

海外株式には使えない

楽天ポイント投資ができるのは、国内の株式と投資信託だけです。

楽天証券では米国株式やETFなど海外の投資も可能です。

現在、執筆時点で楽天ポイント投資ができるのは、国内の株式と投資信託です。

はっきりいって、国内の株式と投資信託だけでも、十分だと思います。

アメリカなど海外の成長に期待して海外株式に投資したいという人は、海外の株式指標に連動する国内の投資信託を購入することで対応できます。

 

ココがつみたてている楽天VTIは、米国ETFのVTIに連動しているよ

 

期間限定ポイントは使えない

残念ながら期間限定ポイントはポイント投資には使えません。

楽天市場の買い物に使いましょう

 

 

楽天ポイント投資のまとめ

最後にまとめです。

◯ 100ポイント(100円)から投資可能

◯ 国内株と投資信託に対応

◯ つみたて投資に対応

◯ NISAに対応

✕ 元本割れリスクがある

✕ 海外ETFなどには使えない

✕ 期間限定ポイントは使えない

 

口座開設は無料です。これを気に楽天ポイントを使った投資を始めてみてはいかがでしょうか?

 

楽天証券
お問い合わせ 免責事項、プライバシーポリシー